基礎知識

ハイローの4つの取引方法を解説!それぞれの勝ち方教えます!

ハイロー取引方法

こんにちは!白川です。

ハイローオーストラリア(以下、ハイロー)には、4つの取引方法があるのをご存知ですか?

りんごちゃん
りんごちゃん
そんなにあるの・・・?
白川
白川
それぞれに特徴があるので、この機会にしっかり押さえておきましょう!

また、ハイローは掛け金の設定を間違えると、いくら勝率がよくても利益を出すことは難しいです。

そこで今回は、ハイローで取引する際の最適な掛け金について解説した後、4つの取引方法について詳しく解説します。

「手っ取り早くハイローの取引方法が知りたい!」という方は、こちらをクリック(記事内の該当ポイントにジャンプします)。

ハイローの最小掛け金・最大掛け金・最適な掛け金

ハイロー取引方法

まずは、ハイローの最小掛け金と最大掛け金です。

  • 最小掛け金:1,000円
  • 最大掛け金:20万円

ハイローの最小掛け金は1,000円ですが、1,000円以上であれば1円単位で掛け金を設定できます。

続いて、最適な掛け金についてですが、次の計算式で算出します。

資金✕0.1=1回分の掛け金

計算式からも分かる通り、1回あたりの最適な掛け金は資金全体の1%です。

つまり、この計算式からいくと、1,000円の取引をするなら10万円入金する必要があると分かりますね。

りんごちゃん
りんごちゃん
そんなにいるの・・・?
白川
白川
はじめのうちは、取引内容を試行錯誤することを考えて、これくらいの金額を消費することは覚悟しておいたほうがいいです!

取引に慣れて知識や経験も身につき、勝率が高くなってきたら、掛け金を引き上げることを考えてもいいでしょう。

ただし、掛け金を引き上げるタイミングを間違えると損失を増やしかねないので注意してください。

掛け金を引き上げる場合は、次の条件を満たしているか確認しましょう。

  • ほぼ毎日取引しており、3ヵ月以上勝率が55%を越えている
  • 高い勝率を達成した手法が2つ以上ある

また、掛け金を引き上げる額は、次の計算式で計算してみてください。

前回掛け金✕1.10=次回掛け金

白川
白川
つまり、前回の取引額に10%上乗せするのです!
りんごちゃん
りんごちゃん
初回の掛け金が1000円なら次回の掛け金は1100円ということだね!

最小掛け金と最大掛け金でデモ取引してみた!

ハイロー取引方法

ハイローには無料で利用できるデモ取引があるので、掛け金を決めたら実際に取引をして検証しましょう。

今回使う取引方法は、ハイローでも最もペイアウト率が高い「Turboスプレッド」です。

白川
白川
ペイアウト率は驚異の2.20倍です!

デモ取引では、本番同様にキャッシュバックまで含めて取引ができます。

最小掛け金1,000円の場合

デモ取引では架空の口座に100万円あることになっているので、資金に対して0.1%の1,000円で取引してみます。

取引時間は30秒です。

デモ取引掛け金

HIGHで予想してエントリーしたところ、予想が当たり、ペイアウトは2,200円になりました。

デモ取引掛け金

最大掛け金20万円の場合

次に最大掛け金である20万円で取引してみました。

ちなみに、希望する掛け金は半角英数字で入力してください。

今回もHIGHでエントリー。

デモ取引掛け金
白川
白川
残念ながら勝つことができませんでした!
りんごちゃん
りんごちゃん
20万円がごっそり消えてるね・・・

このように、掛け金を引き上げると資金を一気に失うので、はじめのうちは少額から行いましょう。

番外編:最小掛け金未満の金額を入力した場合

最小掛け金は1,000円ですが、900円でエントリーしようとしたらどうなるかやってみました。

結果は、「入力された金額が、最低必要投資額に達していません」という警告が表示されました。

デモ取引掛け金

ちなみに、1円単位のエントリーはできるのかもやってみました。

掛け金を1,001円に変更してエントリーしたところ、こちらは問題なくエントリーできました。

デモ取引掛け金

掛け金について理解できましたか?次は、いよいよ取引方法です。

ハイロー取引方法①『HighLow(ハイロー)』

ハイロー取引方法

ハイローの取引方法で最初に紹介するのは、ハイローでもっとも人気の取引方法である「HighLow」です。

ハイローの基本であるこの取引方法は必ずマスターしましょう。

HighLow(ハイロー)基本情報
取引方法HighLow(ハイロー)
取引時間15分・1時間・1日
エントリー開始時間指定あり
ペイアウト率1.88倍~1.90倍
スプレッドなし

HighLow(ハイロー)は判定時刻のレートが購入した時点のレートと比べ、「上がるか?下がるか?」を予想するだけの取引方法です。

HighLow(ハイロー)は他のバイナリーオプション業者でも基本的な取引方法となっているので、絶対に押さえておきましょう。

『HighLow(ハイロー)』のメリット
  • 上か下かを予想するだけなので勝率がほぼ50%と高い。
  • 比較的予想がしやすい取引方法。
『HighLow(ハイロー)』のデメリット
  • ハイローの取引方法の中では、ペイアウト率が低め。
  • 他の取引方法と比べて、結果が出るまでに時間がかかる。
取引可能通貨ペア一覧
AUD/JPY(豪ドル/日本円)AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)CAD/JPY(カナダドル/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)EUR/JPY(ユーロ/日本円)
GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)GBP/JPY(英ポンド/日本円)
GBP/USD(英ポンド/米ドル)NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)USD/CAD(米ドル/カナダドル)
USD/CHF(米ドル/スイスフラン)USD/JPY(米ドル/日本円)
白川
白川
安全重視でなるべく高い勝率で口座資金を増やしたい人には『HighLow(ハイロー)』がおすすめです!

ハイロー取引方法②『HighLowスプレッド』

ハイロー取引方法

HighLow(ハイロー)にスプレッドをかけた取引方法が『HighLowスプレッド』です。

基本的な取引方法はHighLowと同じです。

HighLowスプレッド基本情報
取引方法HighLowスプレッド
取引時間15分・1時間・1日
エントリー開始時間指定あり
ペイアウト率2.00倍
スプレッド±0.20~±2.20<

スプレッドとペイアウト率以外の条件はHighLow(ハイロー)と同じです。

ただ、この取引方法の難しいところは、購入した時点のレートから±0.20~±2.20のレート幅がついてしまうことです。

白川
白川
つまり、購入時点のレートから+0.20~+2.20上がっていないと予想が当たったとみなされないのです!

その代わり、予想が当たった時のペイアウト率は2.00倍とハイローの取引方法の中では最大のペイアウト率です。

『HighLowスプレッド』のメリット
  • ペイアウト率が高く、一気に稼ぐことができる。
『HighLowスプレッド』のデメリット
  • スプレッドが付く分、HighLowと比べて勝率が悪い。
  • 他の取引方法と比べて、結果が出るまでに時間がかかる。
取引可能通貨ペア一覧
AUD/JPY(豪ドル/日本円)AUD/NZD(豪ドル/ニュージーランドドル)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)CAD/JPY(カナダドル/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル)GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)
GBP/JPY(英ポンド/日本円)GBP/USD(英ポンド/米ドル)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
USD/CAD(米ドル/カナダドル)USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
USD/JPY(米ドル/日本円)
白川
白川
ペイアウト率を高くするのに、多少のリスクを覚悟できる人におすすめです!

ハイロー取引方法③『Turbo(ターボ)』

ハイロー取引方法

名前の通り、最短30秒という短い時間で取引ができるスピード型の取引方法です。

『Turbo(ターボ)基本情報
取引方法Turbo(ターボ)
取引時間30秒・1分・3分・5分
エントリー開始時間指定なし
ペイアウト率1.85倍~1.95倍
スプレッドなし

レートは予想外の動きをすることも多いので、短時間取引は予想が立てにくい取引方法でもあります。

その分、ペイアウト率は最大1.95倍と高くなっています。

『Turbo(ターボ)』のメリット
  • 最短30秒で結果が出る。
  • ペイアウト率が高く、効率よく稼げる。
『Turbo(ターボ)』のデメリット
  • 予想が立てにくい。
  • 取引時間によってペイアウト率が1.85倍まで下がってしまう。
取引可能通貨ペア一覧
AUD/JPY(豪ドル/日本円)AUD/USD(豪ドル/米ドル)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/JPY(英ポンド/日本円)NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
USD/JPY(米ドル/日本円)
白川
白川
多少のリスクを負ってでも短時間で結果を知りたい人におすすめです!

ハイロー取引方法④『Turboスプレッド』

ハイロー取引方法

最後に紹介する取引方法は『Turboスプレッド』です。

Turboスプレッドは、ハイローの中で最もハイリスクハイリターンな取引方法です。

Turboスプレッド基本情報
取引方法Turboスプレッド
取引時間30秒・1分・3分・5分
エントリー開始時間指定なし
ペイアウト率2.00倍
スプレッド±0.10~±0.30

Turboスプレッドはペイアウト率が高いですが、4つの取引方法の中で唯一スプレッドが付く取引方法です。

Turbo同様、予想が立てにくいので難易度は高くなりますが、当たれば大きい取引方法でもあります。

『Turboスプレッド』のメリット
  • 最短30秒で結果が出る。
  • ペイアウト率が高く、一気に稼げる。
『Turboスプレッド』のデメリット
  • 予想が立てにくい。
  • スプレッドも考慮しないといけない。
取引可能通貨ペア一覧
AUD/JPY(豪ドル/日本円)AUD/USD(豪ドル/米ドル)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/JPY(英ポンド/日本円)NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
USD/JPY(米ドル/日本円)
白川
白川
ハイローで最大級の利益を狙いたい人にはおすすめですが、大きなリスクを負う覚悟が必要です!

まとめ

以上、ハイローの4つの取引方法についてご紹介しましたが、「正直、どれで勝負したらいいか分からない…」という人もいますよね。

どの取引方法を使うか迷ったら各通貨ペアのボラ(値動き)を見てみましょう!

  • ボラが大きい通貨⇨TurboやTurboスプレッドがおすすめ
  • ボラが少ない通貨⇨HighlowやHighlowスプレッドがおすすめ
白川
白川
ちなみに、同値だったらハイローでは負け判定になるので悪しからず!

ハイローを攻略するには、勝率をあげることが最重要課題です。

そのためには、自分が一番勝率を上げられる取引方法を見つけることです。

どの取引方法が自分に合っているか分からない場合は、デモ取引で実際にやってみるのがいいでしょう。

ハイローでデモ取引をはじめる >>

関連記事>>ハイローの取引方法を学んだら次は「出金方法」について押さえておこう!!

僕と一緒にハイローオーストラリアを攻略しませんか?

白川です。
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

日本の先行きが不透明になった今だからこそ、ハイローオーストラリアで自分の資産を少しずつ増やしてみてませんか?

私は将来の貯蓄のため、会社員をしながらハイローオーストラリアで副業しています。

ハイローオーストラリアを始めたのは2018年からなので、後発組で最初は稼げるかどうか不安でした。
しかし、2019年現在、月に10~30万ほどの安定した収入を得ています。

最初は不安もあると思いますが、ハイローオーストラリアは初心者にもわかりやすい投資です。

今後はライン@でのグループコンサルを行う予定ですが、ハイローオーストラリアについて不安のある方は私に直接聞いていただいて構いません。
私のハイローオーストラリアの攻略法『白川術』をお伝えさせていただきます。

白川のプロフィールお問い合わせページ