未分類

ハイローオーストラリアの撤退の危険性、可能性を考察してみた

ハイローオーストラリアと言えば、海外バイナリーオプション業者の中でも日本において非常に人気のある業者です。

約2倍のペイアウト倍率で取引が行えるなど、国内のバイナリーオプション業者よりも簡単かつ利益を出しやすいという点で人気を集めています。

しかし、既にハイローオーストラリアを利用している方や、これから利用を考えている方の中には、日本からの撤退可能性について不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、ハイローオーストラリアが撤退する危険性、可能性について考察してみたいと思います。

撤退の可能性について把握した上で、ユーザーが取るべき行動について考えてみましょう。

ハイローオーストラリアの撤退の可能性は?

ハイローオーストラリアは、果たして日本から撤退してしまうのでしょうか?

その可能性について考えるにあたり、まず、バイナリーオプション業界の世界的な流れについて把握しておきましょう。

バイナリーオプション業界の世界的な流れ

実はバイナリーオプション業界では近年、投資家保護を目的として、世界的に規制強化の動きが進んでいます。

国内でも数年前に規制が行われたことはご存じの方も多いかと思いますが、海外に目を向けると、様々な国でより厳しい規制が実施されていることが分かります。

日本では規制が行われたとは言え、バイナリーオプションの取引自体が禁止されている訳ではありませんが、海外では取引自体を禁止している国が多く存在します。

例えば、2017年にカナダでバイナリーオプション取引が禁止された他、翌年にはドイツ、さらに2019年にはフランス、イギリス、イタリアなどの国でも取引の禁止が発表されています。

また、より大きな地域的動きとして、EU(欧州連合)までもが2018年に圏内における取引の禁止を決定しており、バイナリーオプションに対する世界の厳しい姿勢が伺えます。

参考:The European Securities and Markets Authority

このような国や地域的な動きに追随し、Apple、Google、Facebookといった多国籍企業もバイナリーオプションに関する広告を全面的に禁止しており、バイナリーオプション業界では世界的に規制強化が進んでいるのです。

ハイローオーストラリアのあるオーストラリアの現状

以上のように、バイナリーオプション業界では世界規模で規制強化が進展していますが、ハイローオーストラリアのあるオーストラリアも例外ではありません。

オーストラリアの金融当局であるASIC(Australian Securities and Investments Commission)は2019年8月、多くのバイナリーオプションユーザーが不利益を被っているとして、バイナリーオプションに関する規制案を発表しました。

ASIC公式サイト(外部リンク)

 

ASICはこの規制案の中で、2021年4月までにはバイナリーオプション販売に関する新たな規制を実施したいという姿勢を示しています。

オーストラリアではこれまでも規制の動きがあったのですが、その内容がより厳しくなってきている状況と言えます。

これまでの規制強化の流れの中で、オーストラリアでは多くの業者が国外居住者へのサービスを停止しなければならなくなりました。

実際に2019年には、IFGM 、Vantage FX、IC Marketsなどのオーストラリア業者が国外へのサービスを停止しています。

ハイローオーストラリアが日本から撤退する可能性はあるのか?

ここまでバイナリーオプション業界における世界的な動きについて見てきましたが、このような状況を踏まえると、ハイローオーストラリアが日本から撤退する可能性も十分あると考えます。

世界の多くの国でバイナリーオプション取引が禁止されつつあること、オーストラリアでもASICが規制強化を打ち出していること、実際にオーストラリアの多くの業者が国外から撤退していることなどから、ハイローオーストラリアが国外サービスを停止する可能性も視野に入れておくべきと言えるでしょう。

場合によっては、日本から撤退するだけでなく、ハイローオーストラリア自体がなくなってしまう可能性もないとは言えません。

移行との関連性

ハイローオーストラリアは2019年、日本のユーザーに対し運営会社の移行を行いました。

これにより、ユーザーの間で撤退についての波紋が広がった訳ですが、この度の移行と撤退はどのような関連性があるのでしょうか?

ハイローオーストラリアの移行について

2019年6月、ハイローオーストラリアは日本のユーザーに対し、口座の移行を実施しました。

これにより、運営会社がオーストラリアを拠点とする「HighLow Markets Pty Ltd」から、マーシャル諸島を拠点とする「HLMI Ltd」に変更されました。

移行が行われた要因ですが、先程ご説明したようなASICの規制強化を受け、オーストラリアにおいて国外居住者へサービスを提供し続けることが難しくなったことが影響していると思われます。

要するに、日本など国外居住者へのサービスを継続するためには、オーストラリアではなく国外に拠点を置く会社を設立することが必要になったのです。

新しく設立された「HLMI Ltd」はマーシャル諸島を拠点としているため、オーストラリアにおけるASICの規制は適用されず、日本の利用者へこれまで通りのサービスを提供することができます。

ハイローオーストラリア移行前後の比較

移行前移行後
会社名HighLow Markets Pty LtdHLMI Ltd
設立年月日2010年5月10日2019年4月29日
所在地オーストラリアマーシャル諸島
取引銀行ナショナル・オーストラリア銀行
監督局オーストラリア金融当局(ASIC)
業務内容外国為替証拠金取引仲介業務

インターネット上で行う外国為替取引に関する業務

外国為替の売買・媒介業務

外国為替に関する情報提供サービス

参考:ハイローオーストラリア公式サイト

移行によるユーザーへの影響は?

運営会社は移行されたものの、取引画面や取引環境などは特に変更されていません。

そのため、ユーザーがバイナリーオプション取引を行う上での影響はほとんどないと言えるでしょう。

ハイローオーストラリアはまだ日本から撤退した訳ではない

つまり、日本の利用者は移行後も移行前と同じ環境で取引を行うことが可能であり、ハイローオーストラリアは日本から撤退した訳ではないと言えます。

ハイローオーストラリアの「運営会社の移行」と「日本からの撤退」は別物と考えていただければと思います。

 

ユーザーがするべきことは?

以上のように、ハイローオーストラリアは日本の運営会社を移行させたものの、まだ日本から撤退はしていません。

しかし、今後撤退する可能性があることを踏まえ、今ユーザーがするべきことについてまとめてみました。

 

バイナリーオプション業界の今後の動きを注視すること

先程ご説明した通り、バイナリーオプション業界では次々に規制が発表されるなど、取引環境の変化が激しくなってきています。

ゆえに、今後も情報収集を心掛け、業界の動きを注視することが重要であると考えます。

場合によっては新たな規制が発表され、ハイローオーストラリアにおける取引条件が変化するかもしれませんし、日本で取引が行えなくなる日が来るかもしれません。

そうした環境変化にもすぐに対応し、利益を出し続けることができるよう、世界の動向にアンテナを張っておくよう意識しましょう。

 

今のうちに利益を出すこと

ハイローオーストラリアが撤退する可能性があるということは、言い換えれば、バイナリーオプション取引において今のような利益を出しやすい環境が無くなってしまうかもしれないということです。

現在のハイローオーストラリアの取引環境は、最短30秒の判定期間で取引できることや、1日の取引回数に制限がないことなどから、利益を上げやすいと言われています。

また、ペイアウト倍率が約2倍で固定されているため、分かりやすいという点でもユーザーの人気を集めています。

こうした魅力的な環境がいつまで続くか分からない状況となっていますので、今のうちにハイローオーストラリアを利用し、利益を出しておくと良いのではないかと思います。

僕と一緒にハイローオーストラリアを攻略しませんか?

白川です。
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

日本の先行きが不透明になった今だからこそ、ハイローオーストラリアで自分の資産を少しずつ増やしてみてませんか?

私は将来の貯蓄のため、会社員をしながらハイローオーストラリアで副業しています。

ハイローオーストラリアを始めたのは2018年からなので、後発組で最初は稼げるかどうか不安でした。
しかし、2019年現在、月に10~30万ほどの安定した収入を得ています。

最初は不安もあると思いますが、ハイローオーストラリアは初心者にもわかりやすい投資です。

今後はライン@でのグループコンサルを行う予定ですが、ハイローオーストラリアについて不安のある方は私に直接聞いていただいて構いません。
私のハイローオーストラリアの攻略法『白川術』をお伝えさせていただきます。

白川のプロフィールお問い合わせページ