実践編(テクニカル分析)

ハイローオーストラリアでMACDを活用する際に押さえておくべき2つのポイント

ハイローMACD

こんにちは!白川です。

ハイローオーストラリアをやっている人の中には、MT4やMT5を使っている人も多いと思います。

もし、MT4やMT5を使っているならぜひ使ってほしいのが『MACD(マックディー)』です。

りんごちゃん
りんごちゃん
MACD?パソコンか何かかな?
白川
白川
それはMACです・・・

MACDを活用することで、今の相場の強さ(勢い)を知り、トレンドの継続を見分けられるようになります。

そこで今回は、エントリーポイントを見極めるのに便利なMACDについて分かりやすく解説します。

ハイローオーストラリアのエントリーポイントが分かるMACDとは

ハイローオーストラリアMACD

MACDは移動平均線を改良して作られたトレンド系とオシレーター系両方の特性をもつテクニカル指標です。

ハイローオーストラリアをやっている人でも使っている人は多いので、MACDの基本的な構成や計算式を覚えておきましょう。

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」の頭文字を取ったもので、MACD線といわれる棒グラフとシグナルで構成されたテクニカル指標です。

白川
白川
日本語では「移動平均収束拡散法」と言います!

なお、MACDは以下の計算式で算出されます。

⇨MACD線=12日EMA-26日EMA

⇨シグナル=MACDの9日EMA

EMAとは、日本語で「指数平滑移動平均線」と言い、通常の移動平均線(SMA)を改良し直近のデータにより比重をおいて平均したもので、過去のデータの比重を少しずつ減らして算出されます。

移動平均線についてはこちらの記事も参考にしてください。

ハイロー移動平均線
ハイローオーストラリアの移動平均線を使った手法を徹底解説こんにちは!白川です。 突然ですが、ハイローオーストラリアのトレーダーのみなさんは『移動平均線』を使っていますか? ...

ハイローオーストラリアでMACDを使う際に知っておくべきポイント

ハイローオーストラリアMACD

ハイローオーストラリアでMACDを使う際に知っておくべきポイントとしては、次の2つがあります。

  • トレンドの強さを見極める
  • MACDのダイバージェンスの使い方

それぞれ詳しく見ていきましょう。

トレンドの強さを見極める

MACDを活用する際には、まず「MACDラインが真ん中の0点より上にあるか?下にあるか?」に着目します。

それぞれどういう意味があるかというと…

  • 0点より上にある場合⇨上昇方向の流れ
  • 0点より下にある場合⇨下降方向の流れ

このように判断できる理由は、計算式を思い出してもらえると納得できると思います。

MACDの計算式は以下の通りでしたね。

⇨MACD線=12日EMA-26日EMA

ご覧の通り、2つの異なる期間のEMA(移動平均線)の差を表したのがMACDです。

上昇トレンドのを例に考えてみると分かりやすくなります。

例えば、相場が上昇方向に進むと、より短い期間のEMAのほうがローソク足に引っ張られて動くので、12日EMAの数値が大きくなります。

続いて、26日EMAも少し遅れて反応し上向きに進むので、12日EMAとの差が開きMACDの値が大きくなります。

価格の上昇が急であればあるほど2本のEMAの差は大きくなるので、MACDの値も大きくなります。

つまり、MACD線の角度が急であるほど価格の上昇の力が強いと判断できるのです。

白川
白川
ちなみに、下降トレンドに関しても逆方向で同じことが言えます!

MACDのダイバージェンスの使い方

MACDは、ハイローオーストラリアで逆張りでエントリーする際にも使えます。

というのも、MACDではダイバージェンスが発生し、その時に相場が転換することが多いからです。

ダイバージェンスとは…
「逆行現象」と呼ばれるもので、通常は価格とMACDの動きは連動していますが、例外的に価格が上昇しているの、MACDの値が下降している、あるいは、価格は下降しているのにMACDの値は上がっているといった状態のことです。

白川
白川
価格は下落しているがMACDの値は上昇するという反対のパターンもあります!

このように、ダイバージェンスが起こるとMACDは価格に先行して動くようなところがあるので、逆張りでエントリーする際の指標としても使えます。

ハイローオーストラリアでMACDを活用する際の注意点

ハイローオーストラリアMACD

トレンド発生時には非常に有効なMACDですが、気を付けるべきこともあります。

特に、次の3点は頭に入れておきましょう。

  • レンジ相場では使えない
  • 大きな局面で見る
  • 他の指標と併用する

レンジ相場では使えない

MACDは基本的にトレンドが発生しているか?トレンドの強さはどうか?といったように、トレンド相場において活用する指標です。

そのため、トレンドが発生しないレンジ相場でハイローオーストラリアをやろうとする際には、あまり役に立ちません。

大きな局面で見る

上の注意点と少し被りますが、MACDは順張りでエントリーする際に使うのが最も適した使い方です。

たしかに、ダイバージェンスが発生した場合は逆張りのエントリーをするポイントを見極めるのにも使えます。

ただ、MACDと価格の動きにはタイムラグがあるので、取引時間内に価格が動かない場合もあります。

そのため、MACDは次のように使うのが最も有効です。

  • 順張りの取引の様子見に使う
  • 順張りでの新たなエントリーをしないようにするという形で損失を減らすために使う

他の指標と併用する

これはどのテクニカル指標にも当てはまることですが、MACDだけで全てのリスクを回避することはできません。

より高い勝率を目指すなら、やはり、複数のテクニカル指標を活用して他の予想も立て、複合的に相場を見る必要があります。

まとめ

MACDは分かりやすくて使いやすいインジケーターの一つなので、ハイローオーストラリアで取引する際にも覚えておくと非常に便利だと思います。

MACDで直接利益を狙うこともできますが、トレンドの強さの見極めやダマシを見極めるなど「リスク回避」として活用するといいでしょう。

白川
白川
予想を立てた際の最終確認にMACDを使うのもいいですね!

なお、MACDはMT4画面上部の「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」→「MACD」で簡単に表示できます。

まずは表示してみて、ハイローオーストラリアのチャートの動きとの関係を確かめてみてください。

ハイローオーストラリア公式ページへ

僕と一緒にハイローオーストラリアを攻略しませんか?

白川です。
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

日本の先行きが不透明になった今だからこそ、ハイローオーストラリアで自分の資産を少しずつ増やしてみてませんか?

私は将来の貯蓄のため、会社員をしながらハイローオーストラリアで副業しています。

ハイローオーストラリアを始めたのは2018年からなので、後発組で最初は稼げるかどうか不安でした。
しかし、2019年現在、月に10~30万ほどの安定した収入を得ています。

最初は不安もあると思いますが、ハイローオーストラリアは初心者にもわかりやすい投資です。

今後はライン@でのグループコンサルを行う予定ですが、ハイローオーストラリアについて不安のある方は私に直接聞いていただいて構いません。
私のハイローオーストラリアの攻略法『白川術』をお伝えさせていただきます。

白川のプロフィールお問い合わせページ