未分類

ハイローオーストラリアの転売は【4つのロジック】を覚えればOK!

こんにちは!白川です。

「ハイローオーストラリアで転売をしてみたい」
「ハイローオーストラリアでリスクを無くすための転売方法を知りたい」

など、ハイローオーストラリア(highlowaustralia)の転売について知りたい方は多いと思います。そこで今回はハイローオーストラリアの転売についてご説明していきたいと思います。

転売とは

バイナリーオプションにおける転売とは、取引終了時刻を待たずに取引を終了させることです。

転売を行うことによって、その時点での評価額を受け取れるため損切りや利確の手段として使用することができます。

ハイローオーストラリアの転売の仕様

ハイローオーストラリアでは、エントリーした後でも取引終了時刻1分前までは転売を行うことができ、その時の価格推移や残り時間によって評価額が決まります。

トレーダー優勢の時の転売

たとえば15分取引でHIGHエントリーしていて、残り5分になってもエントリーポイントより価格が上がっていたとします。
その場合では、このまま行けば取引している側が勝つ可能性が高いため、評価額を賭け金より高く設定します。

例 1,000円でエントリーして、転売で1400円のペイアウト

なぜ掛け金よりも高くなるかというとハイローオーストラリア側からすればリスクヘッジを行うことができるからです。
取引している側が勝つ可能性が高い場合、そのまま取引が終了してしまうとハイローオーストラリアとしてはペイアウト率通りの金額を渡すことになってしまいます。

しかし、転売をしてもらえればペイアウト率通りの金額より少ない損失に抑えることができますのでリスクヘッジをすることができるのです。

こう見ると取引する側は転売をすることによって利益が少なくなるように見えるかもしれませんが、そうではないのです。この転売を利用することによって、負けのリスクを減らすことができるからです。

トレーダー劣勢の時の転売

例えばハイローオーストラリアの15分取引でHIGHエントリーしていたとします。

そして、途中まではテクニカル分析通りに価格が上昇し、転売の評価額も賭け金より上昇していたとします。

しかし、相場が反転してしまい下降トレンドが発生してしまったため、このままでは賭け金の損失をしてしまうという状況に陥ってしまうこともあります。
そのようなときでも、転売を使えば全額失うことはありません。

例 1000円でエントリーして500円のペイアウト

このように、柔軟に対応することで資産を守ることもできるのです。

転売の4つロジック

上記でも少しご紹介しましたが、転売の使用例についてご紹介してきます。

細かく場合分けすることで正確な転売を行うことが出来ますので是非参考にしてみてください。

順張りで負けているときの転売

まずご紹介するのが、順張りで負けているときの転売についてです。

順張りで負けているときというのは押し目買いなどで起こることが多いと思いますが、思ったようにトレンド方向へ価格が動いてくれない場合だと思います。

例えば押し目買いであればトレンドと逆方向に価格が動いたところを狙ってエントリーしますが、思ったより価格が逆方向に動いてしまうことやその後価格が停滞してしまいトレンド方向へ戻るのが遅いことなどがあります。

このときが順張りで負けているときの転売をする機会になります。

転売のなかでも損切りに分類できるものですが、すぐに転売をしてしまうのではなく取引終了時刻に近づいたあたりで転売した方が良い場合があるのでご説明します。

順張りの損切り転売はギリギリを狙おう

それは、順張り取引を行っている場合は負けている場合、取引終了時刻に近づくにしたがってエントリー価格まで値戻ってくるからです。

順張りをした後に価格が下がってしまっても、トレンドが発生しているかぎりその方向へ価格が推移する確率が圧倒的に高いからです。

そのため、エントリーした価格へ近づくにつれて評価額も上がる転売システムのことを考えると、損失が出るとはいえ評価額が上がってから転売することを選ぶ方が理にかなっていると言えます。

順張り取引で負けてしまっている際には転売のタイミングを遅らせることも一つの手となります。

順張りで勝っているときの転売

次に順張りで勝っているときの転売です。

通常順張りで勝っている場合は、トレンド相場が継続している限りそこから負けてしまうことはあまり考えられませんので転売をする必要はありません。

しかし、順張りで勝っていてもトレンド相場がレンジ相場に切り替わってしまうなど、この先負けてしまう可能性が出てきた際には転売を考える必要があります。

この場合に転売をするタイミングは、価格の推移が止まったときです。

順張りをして勝っている場合では価格がエントリー方向に推移しますが、トレンドが切り替わるなどした場合は価格の推移が止まり停滞するか、逆方向へ推移します。

転売はエントリーポイントの価格よりもエントリー方向へ価格が推移しているほど評価額が上がりますので、価格が停滞または逆方向へ推移し始めたところで転売しましょう。

逆張りで負けているときの転売

逆張りで負けているときの転売は、順張りのときより迅速に転売をする必要があります。

逆張りをするタイミングは、価格が上下どちらかに推移している場面であることがほとんどです。

そのため、逆張りの予想が外れてしまうと価格は予想方向と真逆に推移してしまう確率が高くなります。

そうなった場合、時間が経つにつれて転売の差の評価額は減少しそのうち0円になってしまいます。
こうならないようにできる対策は、逆張りで予想方向と真逆に価格が推移してしまった場合は潔く転売することです。

出来るだけ早く転売することにより損失額を小さくし、資金の減少を防ぐことができます。

逆張りで勝っているときの転売

次に、逆張りで勝っている時の転売についてご説明します。

逆張りで勝っている時は、転売をするという選択肢を持つ必要はあまりありません。
バイナリーオプションで逆張り取引をした場合、それが適切な方向へのエントリーであるかはすぐにわかります。

そのため、逆張り取引で勝てている場合は転売のことを考えず、そのままペイアウト金額を享受すれば良いのです。

逆にこの場合で転売をしなければならないのは、逆張り取引で勝てているがはっきりとしない場合です。

たとえば逆張り取引としてエントリーし、現在の価格のままであれば勝つことができるが少し価格が動いている場合は負けてしまうという状況にある場合です。

このような場合では、転売をした方が良い場合がほとんどです。

逆張りで勝てているがはっきりとしない価格である場合は、一時的に価格が動いているだけですぐにもとの価格へ戻ってしまい、結果として逆張りで負けてしまうということが起こりえるからです。

したがって逆張り取引で勝てている場合は、明らかに勝てている場合には転売を考えずエントリー価格近辺で価格が推移している場合に転売をするようにしましょう。

転売を利用するときの注意点

ここでは転売を利用するときの注意点についてご説明します。

取引口座の凍結

転売を利用するときに注意するべきなのは、取引口座の凍結です。

転売が可能なバイナリーオプション業者は数多く存在しますが、それらは業者が口座凍結を決めれば利用者の口座を凍結することができます。

ですから、転売を利用するときは口座を凍結されないような運用方法を取らなければならないのです。

口座が凍結されてしまうような転売の利用方法としては、連続で転売を使用して利益を上げることが挙げられます。

もちろん数回転売を行なったところで口座を凍結される可能性は低いですが、1日あたり何十回単位で転売を繰り返していると口座を凍結されてしまうリスクが高まります。

転売を駆使して利益を上げ続けることは、バイナリーオプション業者からしたら継続性の高い方法によって業者の損益が増えているということになります。

そのため、バイナリーオプション業者としては継続的に利益を上げ続ける口座に対しては凍結という手段を取るのです。

口座を凍結されてしまうと取引する際のエントリー金額、エントリー回数などを規制されてしまいますので注意が必要です。

総合的なペイアウト率の低下

転売を行うことによって、総合的なペイアウト率が下がってしまうこともあるということも頭に入れておきましょう。

総合的なペイアウト率の低下とは、バイナリーオプションのエントリー対象の取引のペイアウト率と転売した場合のペイアウト率を加味した場合のペイアウト率は、元々のペイアウト率を下回ってしまうことです。

例えばペイアウト率が1.95倍の取引を行なっていたとしても、転売を繰り返していることで総合的なペイアウト率は1.8倍まで下がってしまうような事例のことを言います。

総合的なペイアウト率が下がってしまう理由としては、転売は本来のペイアウト率通りに評価額が定まらず、少し低い評価額になってしまうからです。

実際に転売を行なっている方はわかると思いますが、明らかに勝てる取引でも、転売の評価額は取引に勝った場合の金額を下回ります。

取引時間終了時刻の1分前に明らかに勝てるところで価格が推移していたとしても、転売のペイアウト率はそのエントリー対象の取引のペイアウト率より低くなっているのです。

そして、この現象は各時間で同じように起こります。

つまり、本来であれば取引による期待値は転売を行わない方が高くなるのです。

勝てている場合に転売を行うことは、本来受け取れるはずだった金額を自ら下げていると考えることもできるのです。

ここからわかることは、特に理由もなく不安だからという理由で転売を行う場合、自らペイアウト率を下げている可能性もあるということです。

しかし転売によって損切りができ資金を保持できるような場合もあります。

ですから転売を行う際はそれによって損切りができるのか、ペイアウト率を下げてしまっているのか考えることが重要です。

まとめ

今回はバイナリーオプションの転売についてご紹介しました。

転売を行うことで損切りができ資金を保持できる場合もありますが、逆効果となってしまう場合もあります。

まずはデモトレードで転売による資金管理への影響を確かめた上で取引に臨んでください。

僕と一緒にハイローオーストラリアを攻略しませんか?

白川です。
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

日本の先行きが不透明になった今だからこそ、ハイローオーストラリアで自分の資産を少しずつ増やしてみてませんか?

私は将来の貯蓄のため、会社員をしながらハイローオーストラリアで副業しています。

ハイローオーストラリアを始めたのは2018年からなので、後発組で最初は稼げるかどうか不安でした。
しかし、2019年現在、月に10~30万ほどの安定した収入を得ています。

最初は不安もあると思いますが、ハイローオーストラリアは初心者にもわかりやすい投資です。

今後はライン@でのグループコンサルを行う予定ですが、ハイローオーストラリアについて不安のある方は私に直接聞いていただいて構いません。
私のハイローオーストラリアの攻略法『白川術』をお伝えさせていただきます。

白川のプロフィールお問い合わせページ