実践編(テクニカル分析)

ハイローオーストラリアはローソク足を見極めろ!基礎知識や見方

ハイローローソク足

こんにちは!白川です。

ハイローオーストラリアをする際、なんとなくでローソク足を眺めている人はいませんか?

りんごちゃん
りんごちゃん
そもそもローソク足の見方が分からないよ・・・
白川
白川
ハイローオーストラリアで勝率を上げたいならローソク足チャートを使いこなせないと話になりません!

ローソク足チャートは、他のチャートよりも詳しく相場の状況が反映されているので、ハイローオーストラリア攻略には必須なのです。

そこで今回は、ローソク足について徹底的に解説します。

ハイローオーストラリア初心者が押さえるべきローソク足の基礎知識

ハイローオーストラリアローソク足

まずは、ローソク足の基礎知識について解説します。

あなたはローソク足のヒゲの長さや胴体の色の違いをきちんと理解できていますか?

白川
白川
「うーん、怪しいな…」という人は早速おさらいしましょう!

ローソク足は「ヒゲ」「胴体」「色」の3つで構成されており、これらの組み合わせで相場の動きを読み解くことができます。

なお、ローソク足には2種類の色があります。

ローソク足

左側が「陽線」右側が「陰線」で、ローソク足の長方形の部分が「胴体」、胴体から上下に伸びているのが「ヒゲ」です。

白川
白川
ハイローオーストラリアのチャートだと、陽線は黄色で陰線は黒色になっています!

陽線・陰線では始値・終値・高値・安値の4つの情報が表されており、簡単に言えば、陽線は値上がりしたことを、陰線は値下がりしたことを示しています。

始値・終値・高値・安値の意味はそれぞれ次の通りです。

始値
始値はその時間帯の取引が始まったときの価格で、陽線の胴体の下部分か、陰線の胴体の上部分です。

終値
終値はその時間帯の取引が終わったときの価格で、陽線の胴体の上部分か、陰線の胴体の下部分です。

高値
高値はその時間帯の取引で最も高くなったときの価格で、陽線・陰線のヒゲの一番上です。

安値
安値はその時間帯の取引で最も安くなったときの価格で、陽線・陰線のヒゲの一番下です。

ハイローオーストラリアで必須!ローソク足チャートの見方

ハイローオーストラリアローソク足

次に、ローソク足でどんな値動きが読み取れるのかを解説します。

ハイローオーストラリアにおけるローソク足チャートの基本的な見方は、売り勢力と買い勢力のどちらが強いか見分けることです。

1本のローソク足を線グラフで表すと次のようになります。

ローソク足
  • 陽線のローソク足(山)=買い勢力が強い
  • 陰線のローソク足(谷)=売り勢力が強い

ハイローオーストラリア初心者がまずできるようになるべきこととして、ローソク足1本からどちらの勢力が強くなるかを予想し、売りと買いのどちらが利益を出せるかを判断することです。

具体的に見てみましょう。

下のようなローソク足の場合、読み取れる情報は次のようなものになります。

ローソク足
  • 陽線である⇨その時間帯では価格が上がった
  • 安値が始値よりも低く高値が終値よりも高い⇨価格の変動が激しかった

この場合、売り・買いが拮抗した変動の激しい相場だったということが分かります。

もう一つ見てみましょう。

次のようなローソク足が現れたら、次のような情報が読み取れます。

ローソク足
  • ヒゲがない陽線⇨安値=始値、高値=終値なので、この時間帯はずっと上昇傾向
白川
白川
つまり、売りよりも買いが優勢だったということです!

ご覧の通り、同じ陽線でもヒゲのつき方の違いからどのように相場が動いたのか推測することができます。

ローソク足1本の見方を知っているだけでも、売り・買いの勢力のバランスを読み取ることができトレンドを把握できるので、ハイローオーストラリアでは大いに役立ちます。

ハイローオーストラリアでHIGHエントリーすべきローソク足の特徴

ハイローオーストラリアローソク足

ハイローオーストラリアでは相場が今後上昇しそうだというときにHIGHでエントリーすると勝てる可能性が高くなります。

上昇する時、ローソク足チャートではどんな動きがあるのでしょうか?

具体的に見てみましょう。

安値圏で陰線のローソク足の次に出たローソク足で判断する

相場が安値圏にあるときに1つ前に陰線があり、次のローソク足が長い陽線だった場合、上昇シグナルと考えていいです。

このローソク足チャートの動きを説明すると、安値圏で相場を動かす大口投資家が大きな買い注文を入れた時、このような動きをします。

株式や先物のように出来高も併せて見ることができるなら、出来高を伴う長い陽線であれば、上昇シグナルとしての精度はさらに上がります。

3本の陽線が上り階段のように続く

3本の陽線が階段状に続くときも買いシグナルです。

それまでの方向性がハッキリしない場合でも、買い方が売り方よりも勇勢である陽線が3本継続することで、投資家が買いの強さに自信を持つので、その後の相場も上昇する傾向にあります。

上昇相場の初期に現れることが多く、赤三兵と呼ばれることもあるローソク足のパターンです。

相場下落時に長い陰線の後に上下ヒゲが伸びている短い陽線が出る

下落相場の最終段階では一気に相場が急落するセリングクライマックスが起こることが多いですが、下落相場で長い陰線が出現したら、そのサインだと思っていいでしょう。

その後に上下にヒゲの伸びている短い陽線が出たときも上昇シグナルとされています。

このローソク足の意味は、セリングクライマックス後の下ヒゲで、それ以上の売り注文の解消、上ヒゲで逆張り派の最初の買い注文をこなし、さらに買い優勢の陽線で着地したことで、以後上昇に向け値動きする可能性が高いことを示しています。

長い下ヒゲの陽線が出る

陽線で長い下ヒゲが出現した場合の意味は次の通りです。

いったん下落するものの、下ヒゲということはそのレートがもとに戻りさらに上昇して陽線を形成したことを示します。

それ以上の下落が拒否され、さらに売り方より買い方の勢力が強いことを意味します。

そのため、下方向に強い買い圧力があり、売り注文も続かず、一掃されたと考えられるので、このようなローソク足チャートは上昇サイトとされています。

ハイローオーストラリアでLOWエントリーすべきローソク足の特徴

ハイローオーストラリアローソク足

価格が上昇するか下落するかを予想するだけのハイローオーストラリアでは、下落トレンドでもチャンスがあります。

下落はシグナルは、ほとんどが上昇シグナルと逆パターンになります。具体的に見てみましょう。

高値圏で前の陽線より長い陰線が出る

相場の高値圏で1つ前の陽線を覆すほど長い陰線が出現すると下落シグナルと考えていいでしょう。

このローソク足チャートの意味は次の通りです。

高値圏での長い陰線は、大口投資家による売り崩しのサインの代表例です。

上昇サイン同様、株や先物の出来高を伴う長い陰線が形成されているなら、大口投資家による売り崩しの可能性が高いです。

そのため、その後相場が下落する可能性が高くなります。

3本の陰線が下り階段のように続く

3本の陰線が階段上に下がって行ったときは、下落シグナルになることが多いです。

陰線は、売り方が買い方に勝った証拠です。そのため、売り意欲が買い意欲を上回ることが予想されます。

また、投資家の買いに対する楽観が消え警戒を招くので、以後の相場が上昇しにくくなり、下落する可能性が高くなります。

相場上昇時に長い陽線の後に上下にヒゲが伸びている短い陰線が出る

上昇相場で、長い陽線の後に上下にヒゲが伸びている短い陰線がでるのも下落サインです。

相場は最終局面で大きな伸びを見せることが多いです。

上昇相場の最終局面は長い陽線が形成され、その後に長い上ヒゲで買い注文が吸収されます。

その後の下ヒゲで第一弾の売り注文がこなされたことが推測できます。

陰線が形成されている時点で、すでに売り方の力が上回っていることが分かり、その後の下落が予想できます。

長い上ヒゲの陰線が出る

長い上ヒゲの陰線の出現は、現状の価格の上の領域に存在する強い売り注文の証拠です。

強い売り注文の結果、売り方が勝利し、陰線を形成することで下落シグナルとなります。

ローソク足の実体の上の領域に価格がとどまることを拒否され、さらに、それ以上の上昇を支える買い注文が続かなかったことを意味するので、その後下落する可能性が高くなります。

ローソク足は非常に分かりやすい形で相場の状況を表しています。

ローソク足の形や組み合わせで以後の相場が予想できるので、とても便利です。

ハイローオーストラリアで勝つ確率大!?「リバーサルポイント」とは?

ハイローオーストラリアローソク足

先ほどのローソク足のパターンによる市場予想でも重要な役割を果たしたローソク足のヒゲですが、ヒゲでハイローオーストラリアを攻略する上でぜひ知っておいてほしいものに「リバーサルポイント」があります。

ここでは、リバーサルポイントについて簡単に解説します。

ぽーんと離れたところに一つだけローソク足が出ることがありますが、これをリバーサルポイントといいます。

リバーサルポイントは両側のローソク足と離れていればいるほど良く、特に離れているものは「アイランド(離れ小島)」と呼ばれたりもします。

これが何かというと、トレンドの終盤で最後に慌てて取引に参加した人が取り残されてしまった様子を表しています。

そのため、リバーサルポイントが現れると、そこから反転する確率がとても高く、上にアイランドが出ていればこれから下落、下に飛び出ている場合はこれから上昇する確率が非常に高いです。

ただ、残念ながら、ハイローオーストラリアの主な商品は為替で、為替でリバーサルポイントが出ることは稀です。

さらに、リバーサルポイントは日足で使うのが基本なので、1分足で出るのは超レアで、なかなかないチャンスです。

ハイローオーストラリアで狙うべきは長ヒゲ!?ローソク足のヒゲに注目せよ!

ハイローオーストラリアローソク足

先ほど紹介したリバーサルポイントは滅多にないのですが、リバーサルポイントと似た意味を持つローソク足が他にもあります。

それが、「長いヒゲを持つローソク足」です。

ここでは長いヒゲを見つけた時のハイローオーストラリアの攻略法についてお話します。

ローソク足の長いヒゲで反転のタイミングを狙いハイローオーストラリアで勝つ

ローソク足の実体(本体の太いところ)の上にあるヒゲを「上ヒゲ」、下にあるヒゲを「下ヒゲ」といいますが、次の2つのヒゲを利用します。

  • 高値圏の上ヒゲ
  • 安値圏の下ヒゲ

高値圏とか安値圏がよく分からないという場合は、次のように理解したらいいでしょう。

  • 上昇トレンドがしばらく続き、それが終わる天井を表す上ヒゲ
  • 下降トレンドがしばらく続き、それが終わる底を表す下ヒゲ

このような状況でローソク足に長いヒゲが出た場合は、相場が反転する傾向があります。

そのため、ハイローオーストラリアで「長いヒゲの反対方向にエントリー」すれば、勝てる確率が高いです。

具体的には次のような取引の仕方をします。

長いヒゲのあるローソク足が出たら、次のローソク足が始まったところでエントリーします。

ハイローオーストラリアの15分取引なら、見るローソク足は1分、2分、5分と15分より時間が短い脚を見るのがいいでしょう。

長いヒゲのローソク足を使ってハイローオーストラリアで勝つために

ただし、紹介した長いヒゲ戦略も100%なものではありません。

長いヒゲが出たからといって、いつも勝てるというわけではないのです。

ここでは、長いヒゲが出た時にハイローオーストラリアで勝てる条件について説明します。

こんな条件の長いヒゲのローソク足は勝てる!

完璧な戦略などないので、外れる可能性があるからといって、使うのをやめてしまうと、多分、一生ハイローオーストラリアなんてできません。

やるべきは、勝てる条件に当てはめて相場を判断することです。

長いヒゲのローソク足が出た時に見るべきポイントをまとめると次の通りです。

  • トレンドが続いて後に出る
  • そのトレンドは上位の足と同じであるほうが良い
  • できれば前後のローソク足と離れていたほうが良い
  • ヒゲは周りのものより長いものが望ましい
  • 長いヒゲのローソク足の次のローソク足はできるだけ低く(高く)始まるほうが良い。

ヒゲの長さについては、「何cm以上」とは明言できません。日ごろからチャートを見て、長いなと感じられるようになってください。

次にローソク足の位置ですが、勢いが変化していれば、前のどのローソク足よりも反対方向に出るはずです。

いずれも経験がものをいうので、毎日チャートを見て比較することをおすすめします。

また、トレンドについてですが、レートが同じような水準で行ったり来たりするような相場はレンジ相場といわれます。

この場合は、どれだけ長いヒゲのローソク足が出ても「ダマシ」である可能性が高いです。

上位の足とはもっとも長い時間をあらわすローソク足のことです。トレンドを確認するときは、見ているローソク足よりも時間の大きいものを必ず確認するようにしてください。

つまり、5分足でチャンスを待っているなら、トレンドをチェックするために15分足や1時間足のチャートも確認するということです。

ハイローオーストラリアで勝負すべきでない長ヒゲローソク足の条件

この長いヒゲのローソク足戦略がうまくいかない状況というのは、うまくいく時と反対の状況やファンダメンタルがテクニカルに勝ったときです。

具体的には次のような時です。

  • トレンドがないとき
  • 政治的なイベントがあったとき
  • 各国中央銀行のイベントがあったとき
  • 指標発表があったとき
  • 突発的な大事件があったとき
  • 上記の成功する条件がそろってないとき

どのテクニカル分析もファンダメンタルが理由で急にレートが動いてしまうと、太刀打ちできません。

というこで、指標発表などの予定時間はしっかりと確認しておいてください。

まとめ

ローソク足チャートやヒゲの見方を解説してきましたが、いかがでしたか?

チャートを読む上でローソク足がかなり重要ということは理解していただけたんじゃないでしょうか。

実際、ローソク足が何を表しているかが分かるようになるだけでも、かなり勝率は上がってくるんではないかと思います。

実際に取引しなくても、チャートを毎日チェックして、パターンを発見できるようになり、エントリーするタイミングを見極められるようになってください。

ハイローオーストラリア公式ページへ

僕と一緒にハイローオーストラリアを攻略しませんか?

白川です。
最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

日本の先行きが不透明になった今だからこそ、ハイローオーストラリアで自分の資産を少しずつ増やしてみてませんか?

私は将来の貯蓄のため、会社員をしながらハイローオーストラリアで副業しています。

ハイローオーストラリアを始めたのは2018年からなので、後発組で最初は稼げるかどうか不安でした。
しかし、2019年現在、月に10~30万ほどの安定した収入を得ています。

最初は不安もあると思いますが、ハイローオーストラリアは初心者にもわかりやすい投資です。

今後はライン@でのグループコンサルを行う予定ですが、ハイローオーストラリアについて不安のある方は私に直接聞いていただいて構いません。
私のハイローオーストラリアの攻略法『白川術』をお伝えさせていただきます。

白川のプロフィールお問い合わせページ